フロアコーティング完全ガイド

>サイトマップ

トップページ

評判のフロアコーティング業者比較ランキング » 依頼する前にチェック!フロアコーティングの基礎知識

依頼する前にチェック!フロアコーティングの基礎知識

最近流行りのフロアコーティングを依頼する前に!

業者選びの注意点や、価格の相場など、フロアコーティングをする際に最低限知っておきたい知識をまとめて紹介しています。

フロアコーティング業者を選ぶポイントとは?

フローリングを拭く女性

「いつまでも新築の状態を保ちたい」「傷んだ床をピカピカの状態に甦らせたい」といった願いを叶えてくれるフロアコーティング。 最近は、新築やリフォームの際に、工務店や不動産業者から勧められることもあるようです。 ピカピカの状態が長持ちできて、しかもお手入れが簡単! でも、「これはいい!」とすぐさま契約するのはちょっと危険です。

フロアコーティングは、メリットもあればデメリットもありますし、業者によって扱うコーティング剤の数や種類、そして技術レベルもまちまち。 耐久年数や費用にも大きな差があります。

人によって、重視するポイントは違うと思いますが、業者に依頼する前に「どんな材料を使うのか?」「コーティング剤にはどんな方法があるのか」「費用の相場はいくらくらい?」といった最低限の知識を持っておくと安心です。

そこで、フロアコーティングをするメリットやデメリット、フロアコーティングの種類ごとの価格相場、一般的な施工の流れや見積依頼のポイント、業者選びの注意点など、知っておきたい情報をまとめて紹介します。

これらの基礎知識を頭に入れて、賢く業者を選びましょう!

フロアコーティングをするメリット

フロアコーティング最大のメリットは、数カ月ごとにやらなければならないワックスがけの重労働から解放されることです。耐久年数は長いものになると20年以上持ってくれますし、ワックスように塗り直しの心配もありません。

また、準備だけでもひと苦労なワックスと違い、施行が終われば放っておいても大丈夫です。小さいお子さんやペットのいるご家庭ではキズの心配もありますが、ダメージもシャットアウトしてくれますし、滑り止め効果もありますので安全に過ごしていただけます。

何よりも美しい光沢が長続きするのでお部屋の印象も変わりますし、お掃除がラクになるのが主婦にとって一番嬉しいことではないでしょうか。

フロアコーティングをするメリット

価格の目安

フロアコーティングはプロに施行してもらわなければならないので、「値段が高いのでは」、という声をよく耳にしますが、長い目で見るとかえってお得です。

フロアコーティングの中でも人気の高いUVフロアコーティングは、耐久年数が約20年以上もあります。施工料金は約20畳のリビングキッチンで約15万円です。

一方、市販のワックスを同じ年数分換算すると、4カ月に1回、年3回として20年60回。1回にかかる費用を5000円とすると20年間で300,000円になります。

これに自分でやる分の労力がかかるわけですから、どちらがお得か考えたら、答えは簡単ですよね。

価格の目安

施工の流れ

フロアコーティングは専門の業者に依頼するのが一般的です。コーティングの種類によって施工の手順や仕上がるまでの時間、工期が異なりますので、数社から資料を取り寄せ、比較検討することをおススメします。

【具体的な流れ】

  1. ホームページなどで自宅エリアに近い業者をピックアップ
  2. 資料を依頼し、比較検討する
  3. 業者をしぼったら、見積を依頼(分からない点、不安などがあれば業者に説明を求めましょう)
  4. 施工会社を決定する

【施工に関しての流れ】

  1. 施工場所のキズや凹凸などを業者とともに確認しながら、施工内容をチェック
  2. マスキングテープでの養生、家具などの移動終了後に剥離剤を使いワックスを剥離
  3. フローリングにキズがある場合は、樹脂などを使い補修
  4. コーティング作業
  5. 終了後、立ち会いを行い、作業完了

後日、トラブルを避けるためにも作業終了後はしっかりチェックしましょう。

施行の流れ

失敗しない業者の選び方

長い目で見ればお得なフロアコーティングですが、初期費用は決して安くありません。

  • 悪徳業者に依頼してしまったために高い金額を請求された
  • 仕上がりに不満が残った

という声も耳にしますので、業者選びはしっかり行いましょう。

その1つの指針となるのが「F☆☆☆☆」で、安全性において信頼できる業者だという証です。

また、ISO901と呼ばれる国際規格もチェックしましょう。クオリティに関して表す指標であり、取得には品質マネジメント審査を通る必要があります。

さらに施工前に現地調査があるかないかも、重要な判断材料になります。近年は電話対応だけで終わらせる業者もあり、トラブルの原因になっているので注意しましょう。

失敗しない業者の選び方

フロアコーティングをした人の口コミ

  • 「頑張って買ったマンションなので、いつまでのきれいにしておきたい」とワックス業者を探していたときに出会ったのがフロアコーティングの会社でした。WEBサイトで見た性能の高さは衝撃的でした。耐久性抜群でお掃除が楽になって30年の保証がついていたんです。当時2歳だった娘がどんなものを床にぶちまけても、ワックスように剥げることもありません。友人にも「いつも床がピカピカね」と羨ましがられています。
  • 一戸建てに買い替えるためにそれまで住んでいたマンションの査定をしてもらったところ、フロアコーティングをしていたおかげで購入時より800万円も査定額がアップしました。即決し、念願の一戸建てを手にいれました。新居もすぐにフロアコーティングをしようと主人と話しています。

フロアコーティングをした人の口コミ

フロアコーティングでペットとの快適な生活を

最近、室内でペットを飼うご家庭が増えてきたことで、ペットのためにフロアコーティングを考えている方が増えています。

ペットにとってのメリットは、まず滑りにくいことがあげられます。滑りやすワックスがけのフローリングの床は関節炎や脱臼、椎間板ヘルニアなどの危険性があります。その危険を軽減してくれるのがフロアコーティングです。特にシリコンコーティングは通常のフローリングの2倍近い抵抗感があるためペットの足腰にかかる負担も和らげてくれます。

また、爪などによる床のキズ、糞尿などの匂い、食べこぼしといったペットによるトラブルから守ってくれます。

フロアコーティングでペットと快適な生活を

自分でフロアコーティングをするには?

ホームセンターなどに行くとフロアコーティング剤を目にすることがあります。自分でもできるので売っているわけですが、どんなコーティング剤を使うのか、塗り方はなどの注意が必要です。

コーティング剤にはUV、ガラス、ウレタン、アクリルなどがあります。使用場所、目的を考え選んでください。

コーティングする前には、床を念入りに掃除、水拭きなどをしてから行うのがきれいに仕上げるコツです。また、実際のコーティングでは素早く仕上げるために塗る順番を決めておくことが大切です。また、作業中は乾燥が早まることを防ぐために窓を閉めて行いましょう。

自分でフロアコーティングをするには?

フロアコーティング後のお手入れ方法

10年、20年というフロアコーティングの耐久年数は、正しい使い方をした場合の年数です。注意事項やお手入れ方法を誤ると劣化が早まる可能性があるので気を付けなければいけません。

床に水などの水分がこぼれたら素早く拭きましょう。濡れたままにしているとコーティング剤の劣化につながります。

また、1週間から1カ月、コーディング剤が完全に硬化するまで薬品などは垂らさないことも重要です。コーティングが溶ける可能性があります。

そのほかUVコーティングは塩素系の薬品は使わないなど、コーティング剤の種類によってお手入れ方法が違ってきますので、施工をお願いした業者の注意をよく聞いてください。

フロアコーティング後のお手入れ方法