フロアコーティング完全ガイド

>サイトマップ

トップページ

フロアコーティングをするメリット

コーティング剤で床材を保護するフロアコーティングのメリットを(デメリットについても)解説します。
従来のワックスがけとは、どのような違いがあるのでしょうか。

フロアコーティングのメリット・デメリットとは?

新築のピカピカの床をずっと維持していきたいと思っても、食べこぼしや家具の移動などによって、次第にキズや汚れがついてしまうもの。
そのキズや汚れを、最小限にとどめてくれるのがフロアコーティングです。

フロアコーティングには、次のような効果があります。

  • 耐摩擦性
  • 耐久性
  • 対傷性
  • 耐水性
  • 耐薬品性

ワックスと違い、高耐久性のある強力な塗料で床をコーティングするため、フローリングが傷つきにくく、また耐水性にも優れているので、ジュースやワインなどをこぼしてしまっても、サッと水拭きすれば元のきれいな状態に戻ります。

普通、フローリングは水拭きが厳禁ですが、フロアコーティングをすることにより、お手入れがグンと楽になります。
小さい子どもやペットがいるご家庭は、特におすすめです。

コーティングした床は光が反射するため、部屋のイメージが明るくなるというメリットも!
インテリアを考えるのも楽しくなるはずですよ。

10年、20年後もピカピカの新築気分が味わえる!

このように良いことづくしのフロアコーティングですが、しいて言うなら少々値が張るのが悩みどころ。
新築の際に「ただでさえお金がかかるのに…」と、フロアコーティングの施工を迷う方も多いでしょう。

でも、最低でも10年以上は効果が持続しますし、きちんとした施工会社と塗料を選べば耐久性、保護性能が30年以上というものもあります。
確かに、はじめは費用がかかりますが長い年月、美しい部屋を保てると思えば魅力的だと言えます。

注意したいのは、床の光沢が嫌な人や塗料剤の臭いが気になるという人。
一度、床をコーティングしてから再度施工するのはとても難しい工事になるそうです。

最近は、ツヤの少ないコーティングや施工時の臭いを抑える塗料も出てきているようなので、業者に相談してみてはいかがでしょうか。