フロアコーティング完全ガイド

>サイトマップ

トップページ

自分でフロアコーティングをするには?

このページでは、業者などにお任せするのではなく、市販のフローリングワックスを使ってフロアコーティングを行う際の方法について紹介します。

フロアコーティングを自分で行う際の準備

業者に依頼するのが面倒な場合の選択肢として、自分でフロアコーティングをしてしまうという方法もあります。そこでここでは、自分でやるフロアコーティングのポイントを解説していきましょう。

準備段階としては、まず掃除機がけから開始。次に中性洗剤で拭き掃除をして、床に付いた洗剤を拭き取ります。これは2回ほど行うといいでしょう。それから水拭き→取り残しのホコリを取るための拭き掃除を行います。その後は水分が乾くまで待機しましょう。最後に、事前にホームセンターなどで購入したフローリングワックスを塗るための準備です。まず巾木や扉をワックスから守るために、養生テープでしっかりと保護します。

この作業に必要な道具は以下の通りです。

  • フラットモップ、ハンディーコーター、紙テープ、養生テープ、タオル

フローリングワックスの塗り方

ワックスをキレイに塗るためには、ぬり絵と同じで、部屋の外側から内側に向かうイメージで、少しずつ塗り進めていくといいでしょう。

多少の塗りムラなどは問題ないですが、範囲内を一気に塗る必要がありますので、しっかりと手順をイメージするようにしてください。1部屋につき、最低2回は塗り分けるといいでしょう。

ワックスの乾かし方

一番いいのは自然に乾くのを待つことですが、緊急の場合には、フローリングワックスが床と馴染み始めてからドライヤー、エアコン、扇風機などで乾かすものいいでしょう。

自分でやるのと業者に任せるのはどちらがいい?

結論から言ってしまえば、自分でワックスやコーティングを行うのはあまりオススメしません。

こうして一連の行程を簡単に解説してみましたが、実は床に使われている材料によって塗り方のコツがあり、使用するワックスの原料も、床に一番マッチしたものを使うことが重要です。

これを間違うと、せっかく塗っても剥がれや塗りムラなどが起こってしまうので、可能な限り、フロアコーティングは自分ではやらずに、技術と資材を持った業者にお任せすることを強くオススメします。