フロアコーティング完全ガイド

>サイトマップ

トップページ

フロアコーティング後のお手入れ方法

このページでは、フロアコーティング後の日常のお手入れ方法についてくわしく紹介します。

フロアコーティングを長持ちさせるためのお手入れ方法

業者が施工してくれたフロアコーティングを、少しでも長持ちさせるためにはどのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか? くわしくまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

長持ちさせるためのお手入れ方法

普段のお手入れには、雑巾の空拭きなどが有効です。

市販されているドライタイプのクイックルワイパーなどで埃を取るようにすると便利です。目立つ汚れに関しては、固く絞った雑巾などを使うと便利でしょう。

それでも落ちないようでしたら、中性洗剤を20倍ほど薄めたものを雑巾などに染み込ませて拭き、最後は水拭きを心がけましょう。

万が一油性マジックなどがついてしまった場合には、除光液やアルコールなどで拭き取るといいでしょう。その際には、科学モップの使用は控えましょう。

モップ自体に薬品が含まれているので、コーティングの光沢が低下してしまう恐れがあります。

家具などで注意しておきたいこと

フロアコーティング後は、家具などにも気を配っておくと、コーティングを長持ちさせることができます。チェックしてみてください。

  • スリッパ
    スリッパの裏面などには細かいゴミや砂などが付着しがちです。それらが付いたままだとスリキズなどの原因にもなりますので、なるべく裏面がフェルト生地のものを使用するとよいでしょう。
  • 家具
    タンスや食器棚などの大きな家具の底面には、保護フェルトなどを貼ったり、傷や汚れの防止のためにマット類を敷いておくとよいでしょう。
  • 玄関
    砂埃が入りやすい玄関には、忘れずに玄関マットを敷いておきましょう。砂埃が室内に入り込むのを防ぐだけでなく、大小の汚れを防ぐ助けになってくれます。
  • 掃除道具
    ホウキやブラシは、目に見えないほどの細かいスリキズの原因になり、あまりオススメできません。フローリング部分には、モップや雑巾拭きが最適でしょう。掃除機を使用する場合には、柔らかいタイヤがついているものを選んだり、保護フェルトなどをついておけばキズがつく心配がなくなります。