フロアコーティング完全ガイド

>サイトマップ

トップページ

失敗しない業者の選び方

フロアコーティングは長年使うものですから、絶対に失敗は避けたいですよね。
そこで、このページでは業者選びのポイントを紹介していきます。

失敗しないフロアコーティング業者の選び方

フロアコーティングは最低でも5万円以上かかりますし、基本的に一回限りのサービスです。
せっかく業者に依頼するのですから、失敗は避けたいもの。

そこで、押おさえておきたいチェックポイントを4つピックアップしました。

自宅に合うコーティング剤が選べるか?

フローリング剤は「光沢タイプ」と「艶消しタイプ」の2種類に分かれています。
光沢を選べば仕上がりはピカピカで明るい印象のお部屋に、艶消しタイプを選べば、素朴で落ち着いた雰囲気のお部屋に仕上がります。

さらに、コーティングの耐久年数や耐摩擦性といった性能の違いによって様々なコーティング剤があります。
コーティングの種類によっては、ペットの尿に含まれるアンモニアに強いものもあります。

ライフスタイルや部屋の雰囲気の希望に応じて、ベストなコーティング剤が提案できる、豊富なプランや知識を持つ業者を選ぶようにしましょう。

保証が充実しているか?

必ず確認しておきたいのが、保証期間とアフターサービスの充実度です。

ほとんどの業者は保証期間を設けていますが、アフターサービスの内容は業者によって様々です。
業者によっては、正常な状態で皮膜に破損が生じた場合や、カビが発生した場合、保証期間内であれば何度でも無償でメンテナンスしてくれるところもあります。

どんな原因であれば保証が適応されるのかは、事前にしっかり確認しておきましょう。
せっかく、お金を出して施工をお願いするのですから妥協せず、的確なケアをしてもらえる業者を選びたいですね。

見積もり金額からのズレはないか?

なかには契約書を交わした後に、追加請求される場合もあります。
中古マンションなどの場合は、ワックスの剥離作業が必要になり、その費用を後から請求されてしまう場合があるからです。
新築であっても見積書の内容に不明瞭な点がある場合は、必ず問い合わせましょう。

また、施工面積を少なく見積もって施工後に実際の施工面積で高額な費用を請求するケースや、「オプション費用」などと称して追加料金を請求する業者もあります。
見積書の金額は正式なものか、契約前に必ず確認するようにしましょう。

利用者の評判は良いか?

フロアコーティング業者はたくさんありますし、素人から見るとどの業者も大差がないように見えます。
そこで、業者選びのひとつの指針となるのが「利用者の口コミ」です。

大抵の業者は、自社のホームページに施工例やお客様の声を載せています。
もちろん、施工のミスを紹介する業者はありませんから、大抵は良いことばかり書いてあります。

しかし、「質問をしたらすぐにメールの返信があった」「仕上がりのイメージと違うと言ったらこんなフォローをしてもらえた」といった具体的な事例から、会社の姿勢が伺えます。
どれだけ責任をもって仕事をしているのかを判断するには、口コミを見るのが一番だと思います。

これらのチェックポイントを参考に、妥協せず、信頼できる業者を選びましょう!