フロアコーティング完全ガイド

>サイトマップ

トップページ

種類別の特徴と価格一覧

このページでは、フロアコーティングの種類別の特徴と参考価格を表にしてまとめています。

フロアコーティングの種類別特徴と参考価格一覧

フローリングを保護してくれる、フロアコーティングは、用途に合わせて様々な種類があります。
代表的なフロアコーティングの種類とその特徴、コーティング業者ごとの参考価格を調査したので、フロアコーティング業者選びの参考にしてみて下さい。

アクリル系(市販ワックス)

  • 特徴
    ホームセンターなどで売っている市販のワックス。
    ツヤ出しを目的としているため耐久性がなく、定期的な塗りなおしが必要。
    水や洗剤にも耐性が無いため、溶けてしまいます。
  • 乾燥までの時間
    約1時間
  • 耐久年数
    3~5年
  • 参考価格
    500~10,000円

ウレタンコーティング

  • 特徴
    摩擦に強く、ツヤが控えめ。塗料が水溶性なので、施工中の臭いが少ないところが特徴。
    マンションに住んでいる人におすすめできます。アルカリ性の洗剤などの薬品に対して、耐性が少し弱く、完全硬化するまで1ヶ月程かかるのが難点です。
  • 乾燥までの時間
    3日程で乾きますが、完全硬化までには3ヶ月程かかります。
  • 耐久年数
    9~15年
  • 参考価格
    グッドライフ62,150円(30平方メートル)
    エススタイル90,000円(30平方メートル)
    ハードプロテクト165,000円(30平方メートル)

ガラスコーティング

  • 特徴
    硬さに優れており、上品でマットな光沢感があります。
    耐水・耐洗剤・耐溶剤性に優れているため、日頃の掃除が簡単です。
  • 乾燥までの時間
    2~3日
  • 耐久年数
    10~20年
  • 参考価格
    ジェブ148,000円(30平方メートル未満一律料金)
    エススタイル118,400円(30平方メートル)
    グッドライフ89,200円(30平方メートル)

シリコンコーティング

  • 特徴
    耐薬品性や硬度などの性能が高く、キッチンなどにもよく利用されるコーティング。
    適度なツヤがあり、安全性が高いのがメリットです。ですが、塗り直しが難しく、耐久性が少し低いため、長年コーティングを維持したい場所にはあまり向いていません。
  • 乾燥までの時間
    3日程で乾燥しますが、完全硬化までには1ヶ月程かかります。
  • 耐久年数
    10~15年
  • 参考価格
    ハードプロテクト164,650円(21,45平方メートル未満一律料金)
    FSSコート131,250円(33平方メートル未満一律料金)
    ケーマック7,350円(1帖あたり)

UVコーティング

  • 特徴
    上品な光沢とツヤがあり、見た目が豪華でありながらも、塗りなおしが可能なコーティング。
    耐久精度や保護機能もこれらのコーティングの中で最も高いです。グリップ力もあり滑りづらいため、子どもやペットがいても安心です。
  • 乾燥までの時間
    瞬時に乾くため、即日常生活が可能。
  • 耐久年数
    20~30年
  • 参考価格
    グッドライフ118,000円(30平方メートル)
    エコプロコート210,000円(30平方メートル未満一律料金)
    フロアコートプロ224,000円(16帖以内)